何故クラミジアは感染者が増え続けるのか?

若者男女が楽しんでいる所

クラミジアに感染する方は毎年2万5千人とかなりの数になります。
性感染症の中でも群を抜いて多い報告数になっています。
この数は、選ばれた医療機関のみからの報告なので実際にはもっと多いはずです。
自覚症状が乏しいため医療機関にかかる方も限られています。
粘液を介してしか感染しないため、普段の生活で注意することはありません。

ただし、のどに感染する咽頭クラミジアもあります。
その場合はディープキスだけでも感染します。
感染が疑われるような相手との性交があった場合やキスをした場合でも念のため検査をしておいた方が安心です。
潜伏期間が1週間から3週間と言われていますので初めに性交した日から2週間程度経過してから検査した方が発見しやすくなります。

クラミジアの検査キットは通販できるのであらかじめ家にでも置いておくといいでしょう。
感染が判明したら菌を死滅させるために薬を飲むことになります。
最近ではジスロマックと呼ばれる医薬品が有効と言われています。

ジスロマックは感染症に有効な抗生物質アジスロマイシンというマクロライド系抗生物質を成分として含んでいます。
マクロライド系抗生物質製剤はクラミジアだけでなく細菌の感染による炎症に適応されます。
だから飲んでいてもクラミジアであることを疑われることはありません。

ジスロマックを製造販売するメーカーの添付文書では、尿道炎や子宮頸管炎を発症している成人に対しては、1000 mgを 1 回経口 投与することとなっています。
理由としてその用量1回分でクラミジア感染に対して有効な濃度が約10日間持続することが予測されているとなっています。
犬と猫と病院の模型そのため治療に必要な投与回数は 1 回とすることと使用上の注意に書かれています。
医師が診断し、処方する量を守って正しく摂取することが重要です。
複数の医療機関にかかる場合には、ジスロマックを複数回処方されることがないよう医師に正しく伝える必要があります。
ジスロマックにはアジーというジェネリック医薬品もあります。
アジーを通販で安く買うことも可能です。